DonationとTechnologyで未来を創る、DonaTechプラットフォーム

世界の課題をわかりやすく、より深く
社会課題の解決に向けて活動する様々な団体にフォーカス
今起きている問題を明らかに
私たちの目指す世界

取材・報道

SDGsや社会課題、関連団体にアプローチし、発信を続けることで広く一般に周知することを目的とする。

学び・教育

一般的に難しいと言われる社会課題をわかりやすく表現し、今後の世界を担う若い世代への教育の機会を創出する。

支援の働きかけ

持続可能な世界を実現するために、課題解決への理解・協力・支援を働きかけ、活動の輪を広げる。

国内の社会貢献活動への関心度は、60代が54.5%と最も高く、30代が42.5%と最も低いという調査結果があります。
さらに、日本の寄付市場は寄付先進国米国の40分の1程度しかありません。(個人当たりの年間寄付額も5分の1程度)

ONE JOURNALでは、課題を『知ってもらう』こと、そして『行動すること』を呼びかけ、持続可能な世界を目指します。
取材例
Step.1
取材内容のヒアリング
動画に取り上げて欲しい内容をヒアリングいたします。ご提供いただける素材があればご提示ください。
Step.2
撮影場所、出演者、スケジュール調整
実際の撮影場所やご出演いただける方、スケジュールについてご調整いたします。
Step.3
撮影
お打ち合わせした内容を元に動画の撮影をいたします。準備等を含み2〜3時間程度かかる可能性が御座います。
Step.4
編集作業
撮影した動画を弊社にて編集作業を行います。
Step.5
動画のご確認
テロップや表現など、編集した動画のご確認をお願いいたします。
Step.6
動画公開・プレスリリース
動画の公開、及びリリースサイト、各種メディアにてプレスリリースを打ちます。
Step.2
撮影場所、出演者、スケジュール調整
実際の撮影場所やご出演いただける方、スケジュールについてご調整いたします。
お問い合わせ
ONE JOURALへの取材のご依頼、お問い合わせなどはお手数をおかけしますが、コチラからお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
会社概要
会社名 DO DASH JAPAN株式会社
DO DASH JAPAN Inc.
事業内容 YouTubeでの動画広告運用
動画の企画・制作、EC事業
代表者 代表取締役
大藤 隆徳/おおどう たかのり
お問い合わせ one_journal@dodash.co.jp
取引銀行 三菱UFJ銀行 高田馬場支店
住信SBIネット銀行、東京三協信用金庫
決算月 8月
設立 2018年 9月 3日
関連会社 DO DASH GLOBAL合同会社
代表者 代表取締役
大藤 隆徳/おおどう たかのり
所在地 169-0075
東京都新宿区高田馬場1丁目32−10
代表者 代表取締役
大藤 隆徳/おおどう たかのり